「肥満と心臓肥大」漢方薬コラム

沖縄県内の30才代以上で、肥満と診断された人の割合は男性46・9%、女性26・1%に上り、男女とも全国一位となっていることが社会保険事務局のまとめで分かった。
さらに県内男性の平均寿命が1995年の5位から一気に26位に下がった。

沖縄といえば「長寿」のイメージがあります。私もこれを聞くまでそう思ってました。
もしかして沖縄には「電車」が無い事が原因なのでしょうか?
あのキレイな楽園沖縄は鉄道が無く観光客も、お住まいの方々も車での移動となります。
食の西洋化、車社会が影響しているのでしょうか・・? がんばって〜 ダイエット〜
 でもその「肥満」と「寿命」がどういう関係にあるのでしょうか?
まず一番の影響は「心臓に対する負担」です。
体重増加→もちろん体の体積が増える→たくさん血液を送らねば→心臓が毎日大変・・
という事から「心臓が毎日アップアップ筋肉トレーニングしている状態」となります。
 そして「筋肉トレーニング」を24時間、、365日、、毎日くり返すと・・
心臓の筋肉が強く、太くなりすぎます! 心臓肥大といわれるやつですな・・
 「でも心臓大きい方がいいじゃん?!」「大は小を兼ねるって言いますがな?!」
イエイエそんな事はありません。心臓が大きくなっても「心臓を守っている血管」は
大きくなれないんです。。バランスがくずれちゃいます。心臓に酸素が足りなくなって
心臓がコムラ返りをおこします。それが心筋梗塞です。全身にイヤな汗をかき、
顔色は真っ青。強烈な痛みが胸を襲います。心臓の血管は本当に大切なんです。
極度のストレスや寝不足で動悸がしたり、胸が苦しくなるのも心臓の血管が緊張して細くなっている場合が多いです。だから肥満とストレスは普段からしっかりと漢方薬でケアして下さいませ。

こちらの記事は奈良県の漢方薬局【中村薬局】の会員様に毎月1回
お送りしております、健康通信「漢方薬コラム」のバックナンバーです。

奈良県の漢方薬|