「夏ばて予防の食事、食材」漢方薬コラム

★とっても大切な夏の食養生★
 いつも中村薬局メンタリティをご利用いただき、本当に有難うございます。
とうとうやってきました・・夏本番ですね。 なんといっても今が大切な時期です。
今、しっかりと「夏の正しい生活」をして頂くことが、「夏ばて予防」となります。
そしてさらに! 夏の不養生が秋に大きく逆襲する。という昔からの言い伝えがあります。 四季の移り変わりにしたがって変化する健康状態、その季節に合った食事、養生法を!
 まず「夏ばての原因」、システムは簡単です。
暑い→体に熱がこもる→冷たい物を沢山飲む→胃腸が弱る→代謝が落ちる→浮腫む
そしてその「浮腫み」が内蔵機能を低下させ、体がさらに「だるく、重く」なります。
その悪循環をストップさせる事が夏の健康を支配します。
食養生としては ●利尿作用が有り ●こもった熱を発散させる 物が有効です。
例えばスイカに天然塩を少しかけて利尿させながら、豚肉やウナギでエネルギー補給。
その他の食材、食事としては 鴨肉、太刀魚、キュウリ 苦ウリ、トマト、レンコン、はすの実、キウイ、ゴマ、はと麦 等が最適です。
 もうひとつの夏ばて原因としては「温度変化」です。
冷房の部屋で仕事→外に出ると炎天下→また冷房の部屋で長時間仕事。
その急激な「温度変化」に体は順応できず、「自律神経」に悪影響が出ます。
自律神経は「ヤル気」や「胃腸の機能」をコントロールしていますので要注意。。
やはり「エアコンの温度設定」を見直すことが有効です。「少し暑いかな・・」ぐらいがちょうど良いです。少しづつかく汗が体内の不要な水分を排出、入れ替えます。
「職場だし・・エアコンは下げられない」という場合は一枚上着を多めに着用してもよいかもしれません。専用の生薬で水分代謝を上げながら胃腸をスッキリさせるのもOK

こちらの記事は奈良県の漢方薬局【中村薬局】の会員様に毎月1回
お送りしております、健康通信「漢方薬コラム」のバックナンバーです。

奈良県の漢方薬|
「夏、汗、体調」漢方薬コラム

これから紫外線の強くなる時期、今年もまた猛暑との戦いが始まりますね。
今からしっかりと「暑さでバテない」為の対策をしたいものですが・・
「対策」といっても具体的にどうすればよいのでしょうか?
その「正しい対策」をしっかりと考えれば夏場の体調は格段に違いが出ます。
まずなんといっても大切な事は「水分とミネラルバランス」です。
具体的には「汗をかく量と水分を取る量のバランス」が重要です。
まずは自分の「水分の代謝量」を考えます。
・食欲を落としやすい方 ・足が浮腫みやすい方 ・下痢しやすい方は
水分を一度に多量に取ることは大敵です。
よくテレビで言ってます「水分を大量にとればいい」というのを真に受けると
とんでも無い事になります。
人間の水分代謝量は個人差や状況による違いが大きく、「汗を沢山かいた日は多めに」
「家でゆっくりしていた日は少なめに」が基本となります。
とくに梅雨時期は体内に水分がこもりやすくなります。クーラーで汗腺を閉めて汗を
かかないことが「水分過剰」となりバテてしまいます。
毎日ほんのりと汗をかいて、水分を数回に分けて少量ずつとることが効果的です。
暑いからといって一気に水分をとりすぎると「胃酸や体液」が薄まり食欲と体力が低下。
多少食欲が無くても「動物タンパク」「植物タンパク」をしっかり食べて下さい。
お肉や魚、豆腐や枝豆もバッチリ。 炎天下で過ごす時、糖尿等で口が乾く方は、
「常温の水分」を状況に応じて摂取して下さい。 スポーツドリンクはカロリーが有り、
よけいに喉が渇くことも。水道水でもごく少量の天然塩を入れれば優れた水分補給に♪

こちらの記事は奈良県の漢方薬局【中村薬局】の会員様に毎月1回
お送りしております、健康通信「漢方薬コラム」のバックナンバーです。

奈良県の漢方薬|
「夏を快適に」漢方薬コラム

前略、暑さが本格的に我々に攻撃を開始しました。
クーラーの無い部屋でこの原稿を書きながら、意識が薄れていく感じがします。しかしこの歳になれば夏を快適にのりきる方法は軽く身につけております。これはクーラーが無いからって負けず嫌いで言っているわけではありません。中国漢方2000年の伝統医学ベースの根拠があります。餃子1日6000個ではありません。
当店の患者さまにはこの秘伝をお伝えせねばなりません。
 まず、 @ 自分の水分補給量をみつける。
  汗をかいた分だけ補給します。汗をかいていない日は、むや
   みに補給せずに、少量づつの補給を心がけます。水分代謝
   には個人差があります。鏡で舌を見ていただき舌の中心部
   に「チーズ」のような苔(コケ)がべったり付いている方は、  
   「水分過剰」です。食欲不振、体が重いなどが発生・・
 A 必ず水分を入れ替える
汗をかいて下さい。そして少量ずつの水分補給にて体液を
   循環させます。血液循環と内臓機能にも関係します。
   そして「どようのウナギ」等でミネラルも補給。
 B 「寝ている時のクーラー、せんぷうき」は肌に直接当てない
   で下さい。汗腺が閉じる、血管が収縮、熱が奪われてエネル
   ギーを消費してしまう、などのデメリットがあります。
   薄手の長袖のパジャマなどで肌をカバーし、最低限の水分代
   謝を維持してください。 ううう 紙面が足らないっっ・・

こちらの記事は奈良県の漢方薬局【中村薬局】の会員様に毎月1回
お送りしております、健康通信「漢方薬コラム」のバックナンバーです。

奈良県の漢方薬|