「老化予防」漢方薬コラム

今回は不老不死という大きなテーマです。大き過ぎる?! 
でもいいんです。。 一度あらためて考えてみましょう。
 まず人類の歴史上で急速に平均寿命が延びた時期があります。
そうです。世紀の大発明「抗生物質」です。 それが発見されるまでは「病気」といえば風邪や感染症での死亡が多く、その原因は心霊的なもの、また病邪という具合に抽象的なものと考えられてきました。いわゆる「儀式」で戦っていました。
 「微生物」の存在が発見され、顕微鏡で実験中の科学者がたまたま発見したのですが、
細菌を育てている途中で「カビ」が混入してしまいます。そのカビの周りだけ細菌が
増殖しなかった事から着目。そして「ペニシリン」が発明されます。
そして人類の「感染症」による死亡率が低下し、平均寿命がとっても延びました。
 これは「不死」に値する、、いや近い大発明ですね。 そしてもう一つは「不老」。
古代中国の皇帝が国中の医者を集めて「老化しない薬を発明せよ」との指令があったそうです。 そして老化の定義や状態から研究、長い時間をかけて試行錯誤します。 
●脳の弱り、痴呆 ●白髪、抜け毛 ●性機能低下 ●腰の弱り ●耳と目の弱り 
こういった老化に伴う現象を遅らせる薬(漢方)が徐々に絞り込まれます。
 鹿の角が髪を濃くし、山の芋が免疫、体力を高め、ジオウ(植物の根)が記憶力を持ち上げるなどなど。。 そういった数百年もかかった研究から数種類の処方が開発され、後に「補腎薬(ほじんやく)」として効き目が認められ、あっというまに国中に広まりました。 もちろん永遠の不老とまではいきませんが「ある程度の抗老化」として現代の病院等でも応用され続けています。 現代医学でいう「腎臓」とは直接関係しませんが、むくみやタンパク尿や頻尿にも効果がある事を考えると、まんざらかけ離れたものでも無いようです。 しかし「血行」を改善する効果は弱く、やはり適度な運動と食養生も重要です。「青い背の魚」はDHA等を含み血行低下を防ぎます。
青い背の魚、海の生物のオイルなどと「補腎薬」の組み合わせはほぼ最強でしょう。。
もちろん当店の患者さまの処方にはサンシュユやジオウを組み込んでおります〜安心!

こちらの記事は奈良県の漢方薬局【中村薬局】の会員様に毎月1回
お送りしております、健康通信「漢方薬コラム」のバックナンバーです。

奈良県の漢方薬|
「老化と乾燥」漢方薬コラム

前略、とっても過ごしやすい季節になりましたね^^ こちら奈良県も快適です〜
そしてこれから冬に向かって肌荒れの季節でもあります。でもどうしてでしょうか?ご存知のように「空気が乾く」さらに「気温が低下、皮膚の温度も低下」 寒くなってくると皮膚の血行が低下します。そして皮膚の新陳代謝や汗の分泌がへっちゃいます。汗や水分ってお肌にとっては「バリア」なんですね。。
そんなことからも寒い季節は「お肌のマッサージ、保湿」に力をいれてくださいませ。
  今回は「乾燥」について考えてみます。失礼な事かもしれませんが「老化」とは「乾燥」と言えますね。●お肌カサカサでシワシワ ●粘膜が乾燥、硬くなり始めて炎症など ●血管等、細胞も水分不足を起こしで硬化しがちに。。
では「いつまでもみずみずしいシットリとした体」でいるためにはどうすれば効果的なのでしょうか? まずテレビでよく言うように「水分ガバガバ飲む?」それは医学的ではありませんね・・だって水分が保持できないから困ってるんですから。。
水分が保持できない理由は大きく2つあります。
@ カラダのどこかに炎症や機能亢進があって水分をとばしてしまう。(焼け石に水)
A 水分の・排泄・保持を調節する「仕分け作業」の問題(お風呂の栓が抜けている)
このふたつの問題をクリアしないで「カラダに水分を残す」「血液をサラサラ」にする事は不可能です。これを考えずに水分を取り過ぎると「浮腫んだり」「夜のおしっこに何度も行ったり」「食欲が低下」「カラダが重く感じる」などが発生します。
@のタイプの方は炎症を鎮めて下さい。(辛いもの、トウガラシなど香辛料を控える)
Aのタイプの方は「腎」を強くしてカラダの水分量をしっかり保ってください。(漢方)
その方法こそが「血液サラサラ」「しっとりとしたみずみずしい体」を維持しながら全ての健康の基本となります。 ぜひ、伝統ある東洋医学の知恵で健康を守って下さい。

こちらの記事は奈良県の漢方薬局【中村薬局】の会員様に毎月1回
お送りしております、健康通信「漢方薬コラム」のバックナンバーです。

奈良県の漢方薬|
「アンチエイジング」漢方薬コラム

前略 「ええ?!お若いですねぇ〜」って言われたいですよね?
現代の日本人は「見た目が年齢」といえるかもしれません。逆に言えば若く見えるんなら多少歳をとってもいいじゃないですか。
で、「人類永遠のテーマ」である「老けない方法」とは?「そんなアホな」「そんなの無理やわ」って? そう思いますか?フフ「月刊パンダ」をお読みの方だけにお話します。。すごい学会があるんです。「日本臨床坑老化医学会」って団体です。もちろん私も会員です。医師、薬剤師からできた団体で、皆さん大マジメに研究してます。しかも会長の医師もめちゃくちゃ若い。。びっくりします。「ホルモン療法」「有酸素運動」「漢方医学」など、あらゆる手段を駆使して若さを保つ方法を研究します。しかも学会の3原則は「老けない」「病気をしない」「死なない」。スゴイ。。
まずはいくつかの基本があります。○社交性(恋愛も含む)○糖分を控える○タンパク質をしっかりとる。社交性はホルモン分泌を、糖分は細胞の酸化と関係します。タンパク質は細胞代謝と脂肪燃焼の関係。まずは適正体重も大きな要因となります。
研究内容では5%〜10%の少しの減量だけでも、血糖値、血圧、心臓負担の大きな改善が可能といわれます。そして自律神経です。ストレスを受けやすいタイプ、影響を受けないタイプ、睡眠にも関係してきます。これは体質や環境があり、難しく思いますが、漢方医学を駆使すれば可能です。「ストレスに強い、影響を受けにくい体質にする事」とても大切。この部分は中村薬局にお任せ下さい。

こちらの記事は奈良県の漢方薬局【中村薬局】の会員様に毎月1回
お送りしております、健康通信「漢方薬コラム」のバックナンバーです。

奈良県の漢方薬|