« 「夏、汗、体調」漢方薬コラム | メイン | 「本当に逆流性胃炎?」漢方薬コラム »

「夏ばて予防の食事、食材」漢方薬コラム

★とっても大切な夏の食養生★
 いつも中村薬局メンタリティをご利用いただき、本当に有難うございます。
とうとうやってきました・・夏本番ですね。 なんといっても今が大切な時期です。
今、しっかりと「夏の正しい生活」をして頂くことが、「夏ばて予防」となります。
そしてさらに! 夏の不養生が秋に大きく逆襲する。という昔からの言い伝えがあります。 四季の移り変わりにしたがって変化する健康状態、その季節に合った食事、養生法を!
 まず「夏ばての原因」、システムは簡単です。
暑い→体に熱がこもる→冷たい物を沢山飲む→胃腸が弱る→代謝が落ちる→浮腫む
そしてその「浮腫み」が内蔵機能を低下させ、体がさらに「だるく、重く」なります。
その悪循環をストップさせる事が夏の健康を支配します。
食養生としては ●利尿作用が有り ●こもった熱を発散させる 物が有効です。
例えばスイカに天然塩を少しかけて利尿させながら、豚肉やウナギでエネルギー補給。
その他の食材、食事としては 鴨肉、太刀魚、キュウリ 苦ウリ、トマト、レンコン、はすの実、キウイ、ゴマ、はと麦 等が最適です。
 もうひとつの夏ばて原因としては「温度変化」です。
冷房の部屋で仕事→外に出ると炎天下→また冷房の部屋で長時間仕事。
その急激な「温度変化」に体は順応できず、「自律神経」に悪影響が出ます。
自律神経は「ヤル気」や「胃腸の機能」をコントロールしていますので要注意。。
やはり「エアコンの温度設定」を見直すことが有効です。「少し暑いかな・・」ぐらいがちょうど良いです。少しづつかく汗が体内の不要な水分を排出、入れ替えます。
「職場だし・・エアコンは下げられない」という場合は一枚上着を多めに着用してもよいかもしれません。専用の生薬で水分代謝を上げながら胃腸をスッキリさせるのもOK

こちらの記事は奈良県の漢方薬局【中村薬局】の会員様に毎月1回
お送りしております、健康通信「漢方薬コラム」のバックナンバーです。

奈良県の漢方薬|
夏、猛暑を乗り切る漢方薬