« 「ご挨拶」漢方薬コラム | メイン | 「春の癇癪(かんしゃく」漢方薬コラム »

「イライラ」漢方薬コラム

前略 まだまだ寒い日々が続いております。
近頃新聞記事でよく「怖〜い犯罪」が報道されています。
「幼児への虐待」「未成年者の凶悪犯罪」などなど・・
ニュースを見て、ひえぇぇ〜っと思う事が多いです。
どうして近年になって、こんなに増加したんでしょう??
ゲーム社会?環境ホルモン?核家族化? 
いずれにしても脳が「ストレス」を大きく感じてしまう部分。
例えばコンピューターの画面、携帯の液晶をよく見るとし
ます。そして視神経の疲労が発生→脳は「ストレス」とし
て受け止める。その自律神経が疲労しやすい環境ともう一
つは「ダメージを受けやすい自律神経」。そういう理由か
らも「切れる」「イライラ激怒」する方が増えていると思
います。 もしかすると大昔の日本はそんなにストレスが
無かったのかもしれません。
よくテレビや雑誌でも「栄養、ビタミン、ミネラルを補給」
なんて言ってますが、栄養過多のこの時代に本当にそんな
ものが必要なんでしょうか? 現代人に一番大切な物は・・
「ゆとり」「心の栄養」すなわち「神経を休める栄養剤」が
ものすごく必要と思います。 すなわち心の漢方
     中村薬局は「心の栄養」を提供。応援します。


こちらの記事は奈良県の漢方薬局【中村薬局】の会員様に毎月1回
お送りしております、健康通信「漢方薬コラム」のバックナンバーです。

奈良県の漢方薬|
イライラ漢方薬