« 「冷えのぼせ」漢方薬コラム | メイン | 「花粉症」漢方薬コラム »

「風邪を予防する」漢方薬コラム

   ●ぜったい風邪をひかないノウハウ● 
           をしっかりと駆使することで実現できます。
 まず空気中の雑菌とウイルスには「うがい」は常識ですね。
しかし外出中にもらう風邪等の病原菌は「喉粘膜」からだけではありません。
「手」が重要です。数億種類の雑菌を手から家に持ち帰るわけです。
そして「水」だけで手を洗うだけでは無理。必ず手洗い石鹸を使います。
ちなみに「イソジン」か「60%程度のアルコール」で雑菌とウイルスが死滅します。
これを徹底的に行うだけでも風邪をひく確率が格段に下がります。
 しかし・睡眠不足(眠りが浅い) ・ストレス ・食べすぎ ・長時間の寒冷などで
感染しやすくなります。 ここがポイントです! この時点ではまだ完全に感染していません。粘膜で押しとどめている状態であり、「風邪をひくかひかないか」の分かれ道となります。 この時点で「消化の良い温かい物を食べて汗をかく」「体力を温存する」ことでさらに風邪を回避できます。よく「たくさん栄養を摂るために肉やら魚やらを
めいいっぱい食べる」という方がいますがこれは間違い。免疫系等を最大に動かす時点では消化器を休めることが有効となります。栄養は普段に摂っておいて下さい。
 動物でも本能的に食事を抑えながら「じっとして」風邪を治します。
・おかゆ ・うどん ・生姜 ・葛湯 等をつかって発汗させるわけです。
そして最終段階です。症状が出始めた時。「ゾクゾク寒気」「喉がイガイガ」「体がダルイ」 この瞬間が勝負です。寒気→「葛根湯」のど炎症→「涼解楽」を使い分けます。タイミングがあえば抗生物質なんか目じゃないぐらい恐るべし効き目があります。

こちらの記事は奈良県の漢方薬局【中村薬局】の会員様に毎月1回
お送りしております、健康通信「漢方薬コラム」のバックナンバーです。

奈良県の漢方薬|
風邪予防の漢方薬