« 「眠り浅く、目覚める」漢方薬コラム | メイン | 「肌荒れは内面から」漢方薬コラム »

「水分代謝と体調」漢方薬コラム

「雨の日は気分がのらない・・」「梅雨時期になると関節が痛む・・」
  「気候がくずれそうな前日は頭痛がする」「ジメジメした日は憂鬱な気分に・・」
って感覚をおぼえた方は結構おられるのではないでしょうか?
逆にカラッと晴れた日は気分が爽快な事もよくありますよね♪
 日本の医学では気候や湿度の変化が体に及ぼす影響というものはあまり重視されていません。でも漢方の世界では「湿気」や「気圧の変化」を考えて体調を整えることは、
とっても重要なことなんです。
 たとえば「水分代謝」が低くなりやすい人は「もち米」「はと麦」「大根」をしっかりと食べて、あまり激しくない運動や軽いウォーキングで汗から悪い水分を出す。
そういった方法を実行しながら、気分が落ち込んだり 体が疲れて浮腫むなんて事を
予防していきます。そして一度に沢山の水分を取ることの無いよう心がけます。
正しく実行すればそんなに時間がかからずとも元気を出したり、水太りを軽減したり。。
 また体内に悪質な水分が蓄積することは「自律神経」に多大な影響を与えます。
実際、水分代謝を改善するショウガなどを主成分とした漢方で、不安神経症やウツや
めまいといった「難解」な症状の改善もよくみうけられます。
 また「胃がポチャポチャ」として食欲不振や吐き気、疲労感が発生しやすい胃内停水といった体質の方も、ジュースやビールのガブ飲みを中止し、代わりにショウガ紅茶や
運動で水分を調節することで改善する例もたくさんあります。
 最近よく耳にするのが「ミネラル水がぶ飲み療法」。これでメニエル氏病を悪化させ、
相談いただくケースも多々あります。 10人いれば10種類の体質があり、健康法も
10種類存在します。自分は水分が多いのか少ないのか?もしくは代謝が低いのか過剰なのかを見極めて実施することで効果が出る、そして安全なんですね。
 ご自身の体質分析は簡単にできますので、どんな事でもお気軽にご相談下さい♪
 
こちらの記事は奈良県の漢方薬局【中村薬局】の会員様に毎月1回
お送りしております、健康通信「漢方薬コラム」のバックナンバーです。

奈良県の漢方薬|
浮腫みの漢方薬